忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Russellのファンサイトに時々お邪魔するのですが、
そのとき自分がいかにメリーメンばかりに気をとられているかがわかります。
みなさまKevin(リトル・ジョン役)もScott(ウィル・スカーレット役)もご存知でない……。
大物を好きな方はその周辺は気になさらないのかしらね。
自分も別にAlanのファンではないのですが、
Alanのことを書いてくれる方がいらっしゃれば嬉しい。
KevinでもScottでも嬉しい。
3人でひとつだとわたしが考えている節があるせいだ。
しかしよく考えたら、たとえば話題性だけで映画を観たとき、
主役級しか記憶に残らないのではないか。

「エリザベス」を観たときに、わたしはローリー卿の奥さんなんてまるで気にしなかった。
エリザベスがCateだとは存じませんでしたが、あれはスペイン王がいい味してて、
王の娘が可愛くて、占いの人が上手いなぁと思ったものです。
もちろんエリザベスが気高くて美しくて、前線に立った時など感動した。
ここのスペイン王との対比が実にスペクタクル。

ほら、ね。
役者の名前がCateだけだ。
印象に残るのはそう仕組まれた人間だけですよ。
更地の状態でロビン・フッドを観て、一体どれだけの人の頭にメリーメンが残るというのか。
ジャンケットでわたしはメリーメンしか追ってないけれど、
OscarやMarkもインタビューあったのでしょうか?
それすら知らない。
目当て以外は気づかないのですよ。
大体、Russellは2009年のインタビューで、
メリーメンには北米の俳優を起用した、と仰るとき
あまり知られていない、というニュアンスの形容詞を混ぜていた気がする。
それはKevinでありScottでAlanということになるのだけど。
しょうがないな、AlanとKevinとScottのファンだけでメリーメンを楽しむしかないのね。
ケヴィン・デュランド、あるいはスコット・グライムスのファンの方!
よければ話し相手になっていただけませんか!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]