忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[257]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一時OKPで話題になりましたね、この歌詞にまつわるバンターについて。
こちら。
Seanが、ただのセックスの歌だとかコンプレックスの話だとか言って
Alanが歌い出しに失敗するという、なんとも奇天烈な伝説。
当時人気絶頂でしたからね、このときの反応は凄かったに違いないよ。
パロディとかいっぱい出たことでしょう。今読めませんかね。読みたいな。

 湾の向こうのギデオン・ブラウンは、大きく強い頑丈な船を持っていて
 父は中古に乗って漁をする度帰ってきては誓ってた。
 きっといつかお金を貯めて、あんな船を買いに行こうと。
 併合の日がやってきて、父は年金を手にする。
 それを貯金するから児童手当も貯金しろと言う。
 それでそうしたら、船を買いに行けるだろうから、と。
 何年も過ぎてゆく月日、弱っていく父。
 船のことなんて口にしなくなって、ただ「怖い」とばかり言う。
 もし事態がすぐに好転しないなら、いい船に乗る前に
 自分たちは死ぬしかないんだろうかと。
 父の手をとって座っていたある日彼が言う、「あの話だが」と。
 俺の保険の名義はお前にしてある 受取人なんだ
 俺が死んだら保険が降りるだろう、そしたら街まで行くんだ
 それで船を買いに行くんだぞ、と。
 いっつも思っていたことがある。どんなに誇らしいかと。
 ギデオン・ブラウンみたいな船を持っていたら。

Confederationが上手く意味を取れなくて、
カナダの領有になったことかと思って「併合」としました。
英国に年金がないわけじゃないと思うんだけどなぁ。どうなの?

父から息子への継承。いい歌じゃありませんか。
(まったく誰ですかふしだらな曲だと思ってるのは。)
しかしあれですよ。船がいかに高いか、というより、
漁業がいかに儲からないか、を歌っていますねこれは。
これ、お母様はどう思ってるんでしょうね、妻とか。
多分ばかばかしいと思ってるんだよ、女は現実主義だから。
だから男は女が嫌いなんだ。

これについては09年の12月辺りにSeanがtwitterで答えてましたね。
SeanとBobについては判然としませんが、とりあえず
Kris >>> Murray >> Alan でしょうか。
大なりの加減はどの程度か存じません。ご了承ください。
KrisがすごくてMurrayがそうでもない、と書いてあったので。
そうでもない、というのがKrisほどではない、という意味だと思うけど。
わたしはほんとにこの呟きが忘れられない。
実用的じゃない英語ばかり覚えていく。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]