忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

John Huston // 1956年、アメリカ映画


脚本はRay Bradbury、John Huston。
原作に結構忠実に作っているかと思いきや、最後、びっくりしました。
まさかの、スターバック、まさかの。

原作は同性愛っぽいシーンが多く感じられましたが、
そこはBradbury、きれいになかったことにしています。
(エイハブとスターバックの見つめ合いには不思議な感じもしましたが。)
もうひとつ、少年ピップの愛されようもさすがBradbury、という感じ。

脚本解釈では鯨=神、でしょうね。白は神聖さの象徴、かな?
鯨と太陽を当てはめるようなところもまさにそんな感じ。
スターバックは健全な「アメリカ」の体現ですね。
原作を読んでいるときも思いましたが、主人公はイシュメールじゃない。
彼は傍観の語り部で、エイハブ船長がほんとうの主役。
彼が鯨に殺されるまでをじっくり描く。

船はきっと世界のこと。
その座を揺るがさないアメリカは、船を危険な方へ運んでしまう。
恐ろしいことです。
しかも、だれも気づいてない。
あとは、なにか気になったことがあったはずなのに覚えてないのでまたの機会に。

シャンティ歌ったりコンサティーナ弾いたり、いかにも! でしたね。
マストに上ったり甲板掃除するとこなんて正に、でした。
技術面はさておき、使い回しもさておき、上手く行ったと思います。
以上。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]