忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2000年の映画なのね。
合衆国の脆さ、弱さ、痛々しさ、悲しさ、現実。
そういうものがつまった2時間。
それを、蓋をして閉じ込めて知らないふりした、結果が、9.11だったのかな。
人種とか民族的な問題の視点はもちろんですが、
(FBIの人種ごたまぜぶりはなかなかやるな、と。
 特にマイクの役どころなんかまさに、ですね。)
せっかくなので軍というものから見ましょう。

軍人は、敵を殺すことは殺人になりません。法的には。
国家を敵から守ることを仕事にしているから、そのためにはなんだってする。
けれど、内側にそれがあった場合は?
そもそも国家ってなに?
寄せ集めて作った国には、ひとつの理想なんて存在しません。
団結の拠り所がありません。
軍がブルックリンに入ってきたとき、ついにアメリカも全体主義に走ったのか、
まるで50年代のSFだな、などと思ったあとでがっかりした。
人間は本当に、よりよい方向へ向かおうとしてるの?


あ、あと、ハートロッカーも観ました。
これも悲しい映画ですね。
軍人が平気でいる暮らし。
爆弾が当たり前にある暮らし。
それを作っておきながらそれに苦しむアメリカ兵。
ドキュメンタリー風で、派手ではなくて、けれどとても重い。
当たり前だけど、これが戦争なのね。
銃を向けるから死んでしまう。
相容れないものを抑え込むから殺してしまう。
「自分を満足させるために、あんたはおかさなくていい危険に踏み込んだ」
これは、ジェームズへの言葉じゃあありません。
国を守ること、は、この方法でしか達成できないと思っているのなら大間違いで、
この方法では国も誰も救えない。
誰も救われない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]