忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2001年宇宙の旅//1968米映画/S.Kubrick

40年も前とは思えない映像の鮮やかさ。
DVDにするにあたって修正したのかしらね。
SF映画の金字塔、らしいけれど、すみません眠かった……。
とくに最後の、色が流れるところ。気持ち悪くなった。倍速再生したくらい。
人類史の初めから、それの導く未来まで。
コンピュータと人間の違いはなにか、と、どうしても思わざるを得ない。
ハルの歌声が、なぜか、最初の類人猿の声に似ていた。

道具を見つけた瞬間、その華々しい瞬間。とても暴力的。
水場を取り返すシーン見て、道具がない方が平和的だと思い知る。
あそこで、骨が原子爆弾に見える。打ち下ろして2度、頭を砕いた。
そしてそれを振りかざす。権利を主張するために。
見下すべき相手に対して容赦がないことを見る。
(ハルが「こわい」と言ってもデイヴは止めなかった。)
進化してない、少なくとも本能の部分で。

あと、個人的に、あの強力な電磁波を放つ物体について。
最初わたしは、あれが「太陽を捕まえる罠」かと思った。
結局なんだったんですかね? よくわかんないな。2回くらい観たらわかるかな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]