忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブラッドベリがやってくる//Ray Bradbury、 小川高義 訳/晶文社

Bradburyのエッセイ集。書くことについて10のエッセイと詩。
姉妹編『ブラッドベリはどこへゆく』のどちらも在庫僅少。

12歳から作家を目指して書き続けた御仁で、90歳にしてまだまだ書いていらっしゃる。
あとがきでも言われているように、彼の書き口はとても若い。
眩しいほど弾力のある、夏の青い草を思わせる。
時代的な古さを感じても、文体に黴臭さを匂わせない。
そんな彼がどんなふうに考えて書いているのか。そういう本です。
ひとつ、とても共感できる、そして目指すべきところを引用。150ページ。作家の報酬とは
「嘘偽りのない表情を満面にあふれさせ、ファン心理で燃えるような目をして駆け寄った人が、
『今度の新作はいいですね。あれはすごい。すばらしい!』と叫んでくれる」日が来ること。
あらゆる創作家にとってそうであるように。
胸を張ってそう言う。夢を見る。だから彼が好きだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]