忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[61]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [48]  [45]  [44]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

//H.G.Wells/Penguin CLASSICS

英国の岩波、ペンギンの古典作品シリーズ。
WellsはSFが好き。冴えてる。とても科学的だし、なんというかな、余分な設定がない。
ちなみに本書は所謂普通小説で、ある人間の半生を描いたもの。
Tono Bangeyよりこっちのが好き。救いがある。あと面白い。

中流階級出身の主人公Kippsが莫大な遺産を相続して、
仲間入りした上流階級の中で悪戦苦闘して
階級どっちつかずですったもんだの末に、という、波乱に溢れるストーリー。
最初はまるで面白くない。最初っていうか半分くらい。
後半うっかり感動した。
KippsがAnnに、half-sixpenceを開いた手のひらに2つ見せる場面が好き。
この後の2人の会話のなんて愛しいこと!
Annが健気で。愛しくてかわいかった。
あと個人的には最後のシーンがとても好きです。
KippsがAnnとボートに乗るシーン。
あれは神さまのボートだと思う。運命の舟、という意味。
揺られ続けた半生を持って、本屋に腰を下ろす。

英語がちょっと古いのと、ひたすら訛るので読みにくい。特に最初は。
あらゆるhが落ちて、時々語尾のtを発音しない。仏語のやり方ですね。
そういう新鮮味が売りなんだそうですが。

とりあえず読み終えた達成感。
知らない単語殆ど調べずに通したけど、とにかく読めた。
これで感想と粗筋書いておしまい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]