忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めて行きましたけれど優雅なところですね、徳川美術館。
駅から歩いて坂を上って入り口に着くまでが、なるほど10分でした。


ひな祭りの日に行きました。11時ごろ到着、そのまままずは宝善亭へ。
趣のある道を抜けて入り口を開く、ゆったりした中へ。
予約はしていませんでしたが問題なく席に案内されました。
しかししてあった方がいいでしょう。少し困った顔をされたので。
現在、展示に合わせて雛御膳が用意されています。
とっても素敵なので、お昼ご飯にしては少し高い(2800円)ですがぜひどうぞ。
ふきのとうの天ぷらにじんわり春を感じました。

展示は武家の当時の生活から始まります。
それからお茶のお道具、能の展示などを経てお雛さまへ。
徳川縁の姫様がたの所有だけあって、とにかく豪華、です。
金箔使いたい放題、螺鈿蒔絵し放題。
ずらっと並ぶ姿など圧巻です。
またお内裏たちのためのお道具が見事なのですよ。
歯の欠けていない柘植の櫛やらお化粧台やら貝合わせやら。
本がちゃんとミニチュアサイズでも文字が書いてあって唸ります。

徳川とはあまり関係なく地方ごとの立ち雛や土雛など
場所や時間による違いも比べると楽しいでしょう。


三葉葵って3枚とも色違うのですね。知らなかった。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]