忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [355]  [354]  [353]  [351]  [350]  [349
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水妖記//Motte-Fouque 著、柴田治三郎 訳/岩波文庫赤415-1

某OKPerがお薦めしてくださったので手を出しました。
悲しく美しい種族間恋愛の話。
アンデルセンの『人魚姫』を彷彿とさせます。
わたしは自分の死を選ぶ人魚姫よりも手を下したウンディーネの方が好きです。
自分の「種族の掟」に逆らっていない。
なれない人間にはならなかった、という立場が一貫している。
自分が何者なのかちゃんと知っている、という気がします。
(ベルタルダはそうではなかった。)
人魚姫は対価に声を失うのだけれど
ウンディーネは精霊の自由さを失う。
人間として生きていく不便さを愛のために選ぶ。
そしてそれを一方的な心変わりに裏切られて、水の中に閉じ込められる。
それを恨まずに受け入れる。

人間の因業と自然のやさしさをご堪能ください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]