忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [355]  [354]  [353]  [351
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予告が新しくなりました!! やっと! 遅かったなぁ!

日本人こういう予告好きだよな、と言う感じ。
出だしの森のシーンなんかがね、好きそう。
鳥瞰から見下ろす世界のなかで失地王の話を始めて、
Robinの立場の不安定さを示していながら彼に絶対の信頼を置く。
義賊というのが一般的なので強調される「反逆者」に首を傾ぐかもしれませんが
実際良くできた予告編だと思います。
ただ字幕微妙すぎた(失笑)
いろいろ妙だったぞ……字幕の限界のせいかもしれません。
1秒で読める文字が6文字でしたっけ?
予告編なのでぎりぎり意味がわかる程度に縮めたのかしら。むー。
字幕→吹替→気に入った方 という、計3回観たい予定。
3回観ても飽きない仕上がりになっていることを期待してるよ!

個人的に胸を打ったのがScottyのWhat does it mean? !!
まさか来るとは思わなかったので、予告編でWillが喋ったことが嬉しい。
(そう、ここの訳が気に入らない。「なんて意味?」って訊いて欲しかった!)

試写会は15日です、当たった方、楽しんでらしてください。
「細部に刮目せよ」、ですからね、お忘れなく!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
映画「ロビン・フッド」感想
映画「ロビン・フッド」観に行ってきました。 12世紀末のイギリスを舞台に伝説上の無法者(アウトロー)にして弓の名手とされるロビン・フッドの活躍を描いた作品。 物語は、十字軍で有名なイングランドのリチャード獅子心王が、フランスのシャールース城を攻撃しているところから始まります。 主人公であるロビン・フ
URL 2010/12/16(Thu)00:08:37
[映画『ロビンフッド』を観た]
☆仕事の後のレイトショーで見て、上映前まで多少の眠気があったのだが、すぐに吹っ飛んだ。  燃える男の作品だった。  私は、いわゆる「ロビンフッド」の定番の流れを知らなくて、この作品ではじめて知ったのだが、今回のリドリー・スコット監督版が...
URL 2010/12/11(Sat)06:21:11
ロビン・フッド
伝説の義賊、ロビン・フッドの物語を『グラディエーター』の巨匠リドリー・スコット監督が壮大に描くスペクタクル大作だ。主演は同作でアカデミー賞に輝いたラッセル・クロウ。共演に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のケイト・ブランシェット、『シャーロック・ホームズ』のマーク・ストロングといった豪華キャストが揃う。壮絶な戦闘シーンは興奮で手に汗握る。
URL 2010/09/25(Sat)15:51:39
映画:ロビンフッド Robin Hood 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑)
2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事。 物語を紡ぐベースとなる「脚本」 これと、「演出」が絶妙に絡み合っていく。 そうなると、「ロビンフッド」がじわじわじわじわ「リアルな男」になっていく。 ぐいぐいと、主人公が「運命的に」かかわっていかざるえない状況が描かれている。 しかも、その展開は「運命的に巻き込まれ」つつ、「死んでも譲れない」状況に立ち...
URL 2010/09/11(Sat)07:15:23
Search
サイト内検索
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]