忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[219]  [217]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハロウィーンがやってきた//Ray Bradbury, 伊藤典夫 訳/晶文社

子ども向けの長編。長編というか、長さとしては中編かな……。
8人の子どもと駆け巡る、ハロウィンという夜の物語。
その起源、由来、意味、そしてイメージを宣言する、救出劇というか決闘というか。
通奏低音は死との戦い。時間との争い。
少年という軽やかで脆い存在を、長い時間の旅の中で形を整える、感性を研ぐ。
夜を、闇を、死を、切り取って燃やし尽くす痛みを、鮮やかに書き取った小説。
挿し絵がまた絶妙でした。

わたしが好きなのは、ジャコランタンの灯りがひとつずつ消えるところ。
『たんぽぽのお酒』と同じように、夜を迎え入れることを知ってしまうところ。
まるで永遠みたいには生きられないと知って、それを受け入れるところ。
この「受け入れる」という点で『ハロウィン』は『たんぽぽ』に勝る。
そして相変わらず「生きる」瞬間への転換がとても鮮明。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]