忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[92]  [91]  [90]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

//Charles Dickens, adapted by Les Martin/Random House

例のシリーズその5。
ちょっと前に映画にもなりましたね。
『大いなる遺産』でも紹介したDickensですが、恵まれた環境への憧れというか。
彼自身が叩き上げだ(というか這い上がった)から、
できるだけ幸運によって運命を動かそうとしてる風に見える。
話としては『大いなる遺産』の方がわたしは好きですねぇ。
Kippsを読んだ関係かもしれません。
しかし階級間の軋轢をほんとに書かない……。
あるいは脚色の関係で削ってるのかしら。
「死ぬ前の一回くらい、お金に因らないことをさせて」
この言葉が痛い。愛しい。
こういうことがあって、でもOliverは幸せなんですかね。
自分の幸せは彼女の覚悟の上にできているもので、
なのにみんな幸せに生きていられるのかしらね。
Dickensはなんのためにこれを書いたの?
お金が世界に物をいうことを否定してるの? お金に困らされたから?
しかし、なんて幸運なOliver。いい人たちに保護されたことだ。
心が清ければいいだなんて、著者は絶対思ってないだろ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]