忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [92]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幸福について//Arthur Schopenhauer, 橋本文夫 訳/新潮社文庫シ6-1

読むのしんどかった。
200ページ越えた時点で漸く文体と書き方に慣れた。
なぜ……改行がされない……。
内容は人生に関する箴言。生き方の指針に、と思って。
人間は幸福のために生きる、というのは迷妄なんだそうです。
幸福の定義を行おうとわたしは思いませんが、人生は生きるためにあるのだとは納得する。
本書の中では、朗らかな人間は幸福だとされています。
そして自分の能力・才能に見合ったことをする人も。
ドイツ人はそう思う傾向が強いのかしら。
2006年のドイツ映画、「4分間のピアニスト(原題:Vier Minuten)」の述べることも同じ。
才能を発揮することこそ生きる人がするべきこと。
それが生きているということ。
それが幸福ということ。

ドイツ映画って妙にピアノが出てくる。(あれだけ音楽家を輩出するなら自然な流れ?)
「戦場のピアニスト」「ヒトラー最期の12日間」、「善き人のためのソナタ」。
もちろん出ないのもあります。「ベルンの奇跡」それから「ヒトラーの贋札」。
最近映画観てないな、ワンピのが最後だ。

今月、あと一冊読み終える予定!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]