忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

煽りが「見よ、天才レンブラント」。意味深ですね。
光がなければ見えませんから。

版画、エッチングの無色彩の小品主体のこの展示はともすれば地味ですが、
キアロスクーロの確立者が持っていた光への悩み、オランダの暗さ、聖書、市井。
そういうものを、色彩の二極化された描き方だからこそはっきり写し出せると思います。

ろうそくの灯りからぼんやりと浮かび上がる人のエッチングがあるのですが、
ほとんど黒く塗り潰しながら、彼は一体なにを考えたのか。
光を(画面の白色を)追う気持ちを、彼らは持ちながら生活していたのかしら。

油彩作品の少ない展示でしたので彼お得意の光の投影には重点が置かれませんが、
油彩「アトリエの画家」という絵が印象的でした。
創作家にはわかると思うのです、この絵は「これが正当だ」という感覚。

さてさて、17世紀オランダ絵画といえば市井や風景ですが、
今回の展示はあまり対象への照準合わせはありませんでした。
同時代人との比較ができないほどレンブラントの作品ばかりでした。
わたしはあまりそういうの好きでないのですが、
レンブラント大好きな方にはいいかも知れません。
あぁ、疲れた。


さて、続いて伏見駅から鶴舞線で赤池駅へ出て、豊田市美術館に向かいます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]