忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月5日まで。
日本初公開ばかりが90点強ございます。

ユトリロはパリの小道ばかりを描いた作家。
お名前を初めて伺ったのは梨木香歩さんの『ペンキ屋』。
以来ユトリロの白に憧れていまして、なにかの展示で一枚ほど見たときに
ははぁこれがすべての白か、と妙に感慨深く思ったものです。

彼の女性の描き方について、彼女らへの嫌悪感を腰に表現しているということですが、
嫌いだったらいっそ描かなければいいと思いませんか。
存在を無視することはできなかったのでしょうか。
道を行く人々は、多くは、二人連れの女性、一人歩きの女性、一組のカップル。
カップル二組と女性の一人歩き、もできたと思いませんか。
マザコンは巨乳好きということですが、欧州の男性は腰の方が好きだと伺っていたので
嫌悪というよりは歪んだ願望にも思えます。
それを好きになりたい、母親から離れたい、願望かなぁと。
カトリック信者でしたっけ。
実母と聖母という絶対的な母が彼に君臨していたのなら、
女性には母性を求めることができなかっただけなのではないかしら。

さて、建物と小道ばかりを描く作家ですが、
彼の入ることのできない家、というのがさみしいところだと思います。
どの建物も入り口が正面にない。
行き過ぎることしかできない家。
例外は教会と酒場なんですよねぇ。
よっぽど家を探していたのだと思うのです。母親はあんなだし。


写真は併設カフェの企画展メニュー、ガトーマロンとコーヒー。
ここの企画展メニューはいつも気が利いているのです。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]