忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

買いました。表紙はポッターです。年末年始の映画に心を割いてます。
初めてスクリーン買ったのがポタのためだったことを思い出すと、
死の秘宝が封切りというのはなんとなくしみじみします。
わたしは原作派です。1巻の映画にはまり、原作を読んで映画離れ。
4巻で一度だれて、5巻を不意に読んだら面白くてたまらなくって、
6、7巻を一気に読みました。5、6、7はほんとに面白かった!
ちなみに赤毛遍歴は映画のRupert Grintくんに端を発します。
立派な赤毛だよなぁ、可愛いしね彼。
ファンレター送ったなぁ、懐かしい。

さて本題。正直な話をしてもいいかな。
どうかしてるとしか思えないんだけどね。
Alan Doyleの表記を見て、アラン・ドイルと書かれているのを見て、
バカみたいに信じられないくらいに嬉しかったのよ。

しかし、なんだ……
「リトル・ジョン、ウィルや仲間たちとロンドン行きの船に乗って」
アランの名前はスルー(笑)
いいんだ! だって、ちゃんとCASTに名前入れてもらったんだもの。
リトル・ジョンとウィルと、3人並べて名前書いてもらったんだもの。
一ヵ月後に観に行きます。
どきどきする。

(22日、RH公式にもう一度メール送りました。
 冷静に読み返したら嫌味みたいになっていて申し訳ないなぁ……。
 ほんと、でも、直してくださると嬉しいなぁ。)

----------

あれ観たいな、公開情報をまるでしらないけど、「おまえうまそうだな」。
言葉遊びが招いた疑似親子の話。原作絵本でうるっときたのです。
うるっときた絵本というと他に、
「おれたち、ともだち!」シリーズと『SomeDay』(邦題忘れ;;)
全部仕事場で立ち読みしたのですが、
立ち読みでなければ泣いてました。
「おれたち、ともだち!」シリーズは実にいいですよ。
内田麟太郎さんの元気な絵柄、狼と狐の子供らしさ。
誕生日のお話が好きですねぇ。
いや、どのお話もいいんですけれど。
絵本って薄くて高いからちょっと手を出しづらいのだけど、
兄か姉に子供ができたらこのシリーズを全巻揃えて贈りたい。
……そんな日が果たして来るのか?
しかも、子供が対象年齢になるまで、更に5年プラス……。
その日までどうぞ売れ続けて欲しい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]