忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

//齋藤孝/祥伝社

こんな日本史の見方はどうでしょう、と提唱する8つの視点。
日本史の概要が捉えたかっただけなので読む本を間違えたなぁと思いましたが、
これはこれで面白く読めました。
日本人の本質と絡めて歴史を読み解く。視点を限らずに大局的に見る。
歴史の流れが現在にどう関わっているかを読めます。
過去に捕らわれて生きている人間らしさを知ります。
未来に繋がらない過去はない。
歴史ってこういう風に教えるものなのでしょうね。
これが起こったからここでこうなっている、という風に。
学校では単発単語形式の試験だから歴史がつまらないんですね。どうしても。
考えることって大事。因果関係を知ること。

「『鎖国』とクールジャパン」の章は大層面白く読めました。
ぎょっとしたけれども。(なによ「大量に」って、「もらった」って!)
確かに、なんだろう、海外(向け)のfanficってちょっと概ね即物的。
でもとても感覚的で美しいエーマルだかマルエーを読んだことがあるので一概には言えない。
それとも大物ジャンルは即物的に走る傾向は世界共通なのか?
最近の流れについていけない。だいぶ前から。たぶん最初から。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
サイト内検索
Calender
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]