忍者ブログ
Great Big Seaに関する雑談、その他音楽、あるいはただの読書日記

[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロビン・フッド、TOHOシネマズで、前売り券発売開始です!
「Rise, and rise again. Untill lambs become lions.」

シネマズは最寄映画館でない上に、1300円で前売り買うのもなんだなぁと、
月曜にファーストショウを観ようかと思っています。
自分の遅れた誕生日祝いとして。
ちょっと贅沢じゃございませんか、平日の朝、がらがらの映画館。
パンフレット買って、アイスティ買って、映画観て。
昼はどうしよう、欧風料理店でご飯食べようか。
それか和菓子屋さんのあんみつバーにでも行こうか。
ひとりで。
レベル高いのは昼食の予定だけど、あんみつバーは
以前やったことがあるので今回もまぁいけるでしょう。
欧風料理店にひとりの方が多分レベル高いな。
それで2時からお稽古。
あぁちょっと素敵な1日になりそう。

Rise~は、予告編でもちょっと流れたのですが、
Robinの呟いた後、Will Scarletが「どういう意味?」って言う。
「諦めるなってことだ」と仰るラッセルがカッコいいんですよねぇ。
(英語でNever give up. って答えるだけだったかと。)

さ、みなさま、見所はメリーメンですからね!
彼らのばかばかしさ、どうぞお見逃しなく。
そして細部に刮目せよ。
頭使わないと追いきれない、というので評判です。
遊びで観ていい映画ではございません。
時間つぶしで観るときっとつまらない映画にしか見えませんから。
PR


ROBIN HOOD関連は久々に書く気がします。
なにしろ公開から一ヶ月近く経ちますもんね。
In Japan, there is no news about RH, we keep silent till December comes.
Scott Grimes、Kevin Durand、Alan Doyleと3人で並ぶのを見るのが好き。順不同。
なんか、なにかが起こりそうな3人なので。
カンヌの記事で北野監督以外のってないのかしら。
永遠の都、ローマ。
楽しそうだなほんとに。
北米ではIron Man 2が猛威を振るっているようですが、
海外ではRobin Hoodの売り上げがかなりいい、らしい。
お隣の韓国ではもう公開してるんだってさ、うらやましい。
こういうミーハー行動を英語ではfangirlingと言うらしい。
そういう単語ばかりを覚えていく。


これは販促用に出たテレビの映像。
その1
MCが大写しになるときに後ろに会場の聴衆が写るけど、
そこにMMの3人がいる。それがこの動画で唯一わかったこと。
それだけを楽しみにしないと10分半のイタリア語に耐えられない。

その2
3人の紹介の時間が後ろの方に入ります。
おぉお嬉しいねこういうの。イタリア人のGBSファン大喜びだよ。
(居るはずなんだけどOKPで見かけないな。行き会わないだけかな。)

その3
それで映画の販促で歌うわけですよ。他の映画じゃ聞いたことないよ。
後半でみんなが笑い出すところが好きだ。

at the Spanish Steps. 5月15日のスペイン階段。

R i v e r D r i v e r !!!!
それからScottyの歌ってるのはMan in the Mirror。


Beautiful Girls

BTRさんの方が画質いいけど(笑)こちらの方が長いので採用。


Alan, our minstrel, the King, Happy 41st Birthday!!
今日はスペイン階段の日です。
11時から。日本時間だと時差とサマータイムで+7時間?
Youtubeにて心して待つこと。
映画かなり良いってさ。
ファンの言うことは多く見ても半分で聞かなきゃならんけど。

3人のインタビュー
3人のインタビューが好きなんです。


----------

Banks of Newfoundland の歌詞が 公 式 に あ る 。
いつからこれありました? 今日初めて知ったんですが!
そっかこんな風に言ってたのね……
どうしてもBallynahinchが「バナナヘンチ」に聞こえて
なんだろなぁこれなんて言ってるんかなぁと思ってました。
(そもそもBobの発音はとても……聞こえづらい…………。)
12月公開ってなんですか?

えっ 読めない。わたしには読めない。
なにごと?

日本版のサイトできましたー。
こちら
はたと気づいたけれど。
わたしAlanだけの記事はGBSに収録しちゃってたわ。
OKPからもらってきた記事とかはたいていそっちにはいってます。
Attention at DETAIL.

だいぶインタビュー上がってきました。
昨日見ていた内のひとつ。
Sea Shanty歌ってます。海辺で。カンヌの。
この後たしか海パンをこのインタビュアーから貰うんですよ(笑)


↑ 因みにそのshantyを歌詞付でどうぞ。


以下動画のアドレスは大抵こちらからお借りしたもの。
(Kevinのファンて多いんですねぇ。あの背筋胸筋腹筋! みとれる。)
それからGen.TaylorがIn the Mediaにアップしてくれたもの。


(Scottyが撮影の合間に弓撃ってるのがかわいい。)
最後にScottyが言う。
「もうわかったろ、なんで俺らがMerryMenなのか」


Alanの話になるたびにKevinが説明するんだけれど
Mystery, Alaskaでの収録のときにCDを配った話を)、
そのときいつもわたしはScottyを見てしまう。

(Thanks Frosty!!!)
Alanの、これ、St. John'sって書いてあるけど、
この日もうCannneに居なかったっけAlan?


ものすごく懐かしい動画まで見つけてしまった。2009年。


そして正直な話。
一体どの映像をアップしてないのかわからなくなってきた。
Youtubeとメディアのページあるやつと。
そして見たいのがどこにあるかもわからなくなってきた。

明日15日は、スペイン階段で歌う日ですね。
Anybody (who) wants come on. とRussell仰っていた。
この4人のCD、とかいう話がファンから言われているけれど、
サントラが出るようならそこに入ればいいと思うよ。



上で言及されているpodcast
48分45秒から71分まででScotty、Kev、Alanの円卓会議(笑)
始まる前にパーソナリティが「書き起こすのが不可能だ」とか仰ってるけど、
ほんとにこれは不可能だと思いますよ……。書き起こして欲しいけど。
Alanが髭をまた蓄えた理由を話してます。54分ぐらい。俳優業用らしい。
なんとか3人の話し方の特徴が掴めるようになってきた。
スピードについていけないので何言ってるかさっぱりだけれど。
Kevinの話し方はなんだか穏やかで緩やかですね。
Scottyがカスタネットみたいな話し方だとしたら、Kevはティンパニみたい。
58分ぐらいにScottyが髪の毛を切った話をしているけど、
だからtwitterでRussellとあんな話してたんだなぁと合点がいった。
(「赤毛のない写真はないのかい?」とかからかわれていたはずなので。)
65分後半から。MMの映画だよなぁ、という話に始まって、音楽の話に移行。
(映画タイトルはrute辺りでどうだ、などとAlan仰る。)
演技の5分前に勝手に台本に「Allan A'Dayleが歌う」とか書き足されてたりしたとか。
GBSの話にもちょっと触れています、けど。なんて言ってるんだろ……。
書き起こしたのありました!

RHからGBSファンになる人大歓迎、と仰ってる方がOKPにいらしたけれど、
これは実に大歓迎なわけです。
……いるのか? いることが有り得るのか?
いるなら本当に大歓迎なのです。

あとこちら!
左から、Scott Grimes、Alan Doyle、Russell Crowe、Kevin Durand。



Scottyは仕事の一環で音楽家もやっているので声の伸びが素敵ですね。
うっかり何度も再生してしまった。好きすぎる。なんだこれ。なんだこれ!
それでRussellの声が深くて素敵だわ。


ちょっといまさら思うんだけど、この映画、
historical-actionとして封切りするとちょっと語弊があるんじゃないの。
Robinなんて本当は飾りで、ほんとにMMのための映画なんじゃないの。

はい、本日、カンヌ国際映画祭、Robin Hoodで開幕!
今日の掘り出し物。これもIn the Mediaに献上してきた。



まるでほんとにAlanが一端の俳優みたいで可笑しい。おかしいだろ!!
Archery Trainingだったかでフード被ってたのがセクシーだった。
Merry Men、Archery Training、Medieval TimeにAlanがいます。
Medieval Timeはいつぞやのインタビューからの抜き出し。
Merry Menはやっぱりお薦めです。ぜひどうぞー。
Scott、Kevin、Alan三様の映像。
ScottがかわいくてKevinが男前で。Alanが歌ってるシーン有り。
MMがかわいい過ぎる。愉快すぎる仲間。
GladiatorのEngland版とかよく言われているみたいですけども、
そんなんじゃないと思う。(Gladiator見てないから知らんけど!)


たまたま見直してたMMのインタビューで、Kevinが、
自分たち(Russell、Kev、Scotty)はAlan(GBS)のhuge massive fansなんだと仰っていた。




Kevinは仕掛け人ですね。
13年前にRussellとScottにGBSのCDを配った人。
みんながみんなお互いのファンっていいなぁと思う。
いいなぁ。そうやって繋がるんだきっと。
KevinのファンもScottのファンもRussellのファンも、
この映画を見て、共演者を見て、その共演者について調べようと思ったりするのかしら。
わたしはうっかりKevinとScottのファンですよ。おかげさまで。
多分なにかを見て、出てたりしたら、嬉しくなるくらいには。
まさかIn the Mediaに投稿する日が来るとは思わなかった訳で。
素敵なインタビューを拾ったのでおすそ分けしてきた次第。
アップするべきか迷ったけど。
(そして慌てて綴りを間違えるしね。ばかだね。)
たくさんの人が見てくれるといいなぁ。

Alanによる「Robin Hood」という言葉の連想から始まって、
(しかしとんでもなくおちゃらけたアニメだな!)
映画の解釈を経て彼自身の話に落ち着く。
なかなかない、実に上手い、うん、インタビューだと思います。
インタビュアーがRobin Hood研究者みたいな感じなので、
なんでしょう、とても、一般の映画関係のインタビューとは違う。
質問の質かな? 「作品」そのものについて話している。
(大部分は彼自身の話ですけれども。)
Alanも歴史・伝承は本領ですからね。真剣に答える。

個人的に面白かったのが、MMの結成方法、それからAllan A'Dayleという人物の解釈。
ここがこの記事の要だと思う。
多分まだどこでも話していない内容なんじゃないのかなぁ……。
あと、なんだ、「一番思い出深い話」。
この3点はちょっと読む価値あるのでは。
全体に長いので部分部分で読むといいかと。


6分半の動画。時間のある時にどうぞ。
ちょっと面白いのでぜひ観ていただきたい。
3人して仲良しでほほえましかった。みんな楽しそうでよかった。
終わり方上手い!
そしてコメントは読むといいと思う。長いけれど。
Alanのバンドについて触れられてないのが残念すぎるけれども。
(わたしがMMのインタビューばっかり集めている訳じゃなくて、
 本当にMMは割りと大きな役割で存在している訳ですね?)

予告編がちらちら流れますが、Robinが"John!"って言うところ。
"Sean!"と聞こえてしょうがない。ある意味間違ってないけども。
(SeanはアイルランドではJohnのこと。)
そしてそのシーンが好きすぎる。「右腕」って感じ。


公開が近いということでドイツ語版予告をば。

カンヌがなければどこより早く公開だった独語版。
吹き替えです。John失地王の声笑える。
予告版見てると、なんだろう、内容の多さから
展開の速さを心配してしまう訳だけれど大丈夫なの?
展開速いと追いつけなくなるから。観てて。それが心配。
なんだろ。みんなで歌歌うぐらいの余裕のある映画なんだよね?
東宝東和の配給だとScreenに書いてあったのでいそいそと確認した。
公開日の詳細もイベントの予定もなにもなし。
公式ではこれ以上の情報はなし。
気長に待つこと。

カンヌ(および本国)での封切りが迫っているので予告が多くなりましたね。
Alanの台詞は "common archers add." と言っている可能性が高い。
でも未だに謎なのでちょっと早く字幕観たい。
(吹き替えの声優って誰やるんだろ。歌うのに!)
楽しみではあります。

----------

少しずつ手直しを加えております。
Bobの翻訳はちょこちょこ進んでおります。
Topを軽く変更しようと思ったら、公式画像に一切の加工不可だそうだ。
ちょっとやりたいことあったのに。残念。


下調べの不十分なインタビュアーですねぇ(笑)
――How was it to learn songs?(不十分な聞き取り)
"Alan wrote four songs, this is one of he wrote for the movie."
仲よさそうに歌ってる3人。愉快そう。
その後リュートかき鳴らすAlanがAlanっぽくて安心した。
安心したんだ。
こういうの出てくると、あぁもうすぐ公開なんだなーって思っていい。
シャツに個性が出ててまた面白いですねぇ。






左からScott Grimes(as Will Scarlet)、Kevin Durand(as Little John)、
それから我らがAlan Doyle(as Allan A'Dayle)。


声が聞き取りづらい動画(特にKevin! 君なに言ってるんだい)。
それでAlanちょっといらいらしてるかな……。
いつも結構穏やかにジョークとウィットを交えて話してるから
"What do you mean?" なんて言うの初めて聞いた。


--Who was the BIGGEST Joker?
joker(冗談を言う人、いたずら好き)。
ちなみにladies' man(女好き)はScottだそうで。


3つ通して見た感想(Robin Hood 祭って感じですねぇしかし)。
Alan疲れてるのかしらね。元気ないな。
(キャリア積んだ)俳優2人と一緒のインタビューが苦なのかしら。
お得意のビッグスマイルがない。まるで笑ってない。
話題にされることをあまり好んでいないふうにも見える。
偏見? BTRさんは特に何も仰っていないけどわたしにはそう見える。
まるで「一番のお調子者」がうそみたいじゃない。これじゃ。
あとはScottがかわいいとか彼の赤毛がきれいだとか、それぐらい。
Kevinが、意外と喋る人でちょっと驚いたよ。


相変わらず動画と情報はこちらから拝借。
いつもお世話になってます!
I always appreciate her work.
RussellとScott(Will役)がtwitterでお話してるのがほほえましい。
@russellcrowe@scottgrimes
KevinとAlanも混ざってみたらいいのに。
KevinはともかくAlanは混ざれとOKPerの方々仰ってる。
(けどScottへのリプライでそれを書くのはどうなのよ……。)
まぁ、Alanもtwitter持ってみたら良いんじゃないでしょうか。
持ってみたけど使えない、とかだったら笑える。
この前初めて知ったのだけれど、GBSのtwitterもあるのですよ。
更新まったくされていないけどね。
(しかし公式、なんであんなに運営が下手なんだろうか…………。)

(Thanks for sharing!)
相変わらずの拝借ものです。容赦。
映画の最初の方でしょうね、RobinがMaid Marianをみんなに紹介するシーン。
前後関係と相関図がまるでわからないのですが、
ここでRobinが"my wife."って言うのはいろいろおかしいと思うの。
それとも相関図はパンフレットで確認しろってこと?
吟遊詩人が出張ること自体おかしいと言えばおかしいわけだし。

Walk of Fameの動画(Thanks for posting!)
上の動画と比べると、
・Alanの髭がもっさりしすぎてなくて○。
・Kevinが妙に若々しくて爽やかで○。
・Russellがゆったり晴れやかで○。
・Scottがキュートで笑顔だから○。
KevinがScottにずれてもらおうとしているシーンをうっかりリプレイ。
前回のAKSインタビューの動画もそうだけれど、
Kevinはその身長のせいか、肩を抱いてフレームを作るのが好きなのかな。
最新記事が更新されています。

以下は4月12日のWalk Of Fame(LA)にて。

左からAlan、Kevin、Scott

それから女の子が喜びそうな画像があったので貼っておく。
写ってる3人は左から
Alan Doyle(Allan A'Dayle)、Kevin Durand(Little John)、Russell Crowe(Robin Hood)
4人で写ってる写真はこの3人とScott Grimes(Will Scarlet)
Will役の方が小さいのかJohn役の方が大きいのか……両方か。
Alanの赤い靴かわいい。(しかしなんでスニーカーなんだい……。)
髭また伸ばすしさぁ……ない方がいいのに。
(ところで夏ごろ、映画の公開に先駆けて来日したりしないのかしら。)

'Busy' is the excuse fans never accept.
BobとSeanにも言えることですが。君たち何してるんだい一体。
と、小言のひとつも言いたい。
CDはちゃんと出るんでしょうね、6月15日に?
なんだか、これのために、映画のためにライブがなくてCDが遅くて、
ファンがバンドについて心配して不安になって慰めあって、
そういうのが、とても、悲しい。

----------

落ち着いてきた。
3月11日のライブ動画、「もう17年はやろうかな」って言ってて、
信用しようと思った。
不安にならないことは難しい。とても難しい。
でも信用したい。
Search
サイト内検索
Calender
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
profile
HN:あず/relieur
HP:SailingDay
性別:女性
自己紹介:
歴史(独愛蘇)と旅行が好き。
好きな作家
:いしいしんじ、江國香織、梨木香歩、藤沢周平、福井晴敏、
Christian Gailly、Ray Bradbury、Edgar Allan Poe、Oscar Wilde
好きな画家
:William Turner、Jacob van Ruisdeal、いせひでこ、いわさきちひろ
全力でGBSを応援中
twitter
P R
忍者ブログ [PR]